下肢静脈瘤外来 | 奈良市南京終町 もりもとクリニック | 下肢静脈瘤 リンパ浮腫 閉塞性動脈硬化症

もりもとクリニック

電話番号:0742-63-3200

奈良市南京終町710-1 スーパー ラ・ムー京終店敷地内

下肢静脈瘤外来

下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤とは、あしの血管が浮き出てきたり、瘤(こぶ)のように膨らんでしまう病気です。

下肢静脈瘤とは

静脈とは

静脈とは

体には血液が流れる「動脈」と「静脈」の2種類の血管があります。動脈は、心臓から送り出された酸素や栄養を多く含んだ血液を体のすみずみにまで流す働きがあります。静脈は、心臓へ体内で発生した二酸化炭素や老廃物を多く含んだ血液を戻す働きがあります。

原因

原因

静脈には、血液をスムーズに心臓へと戻すために逆流を防ぐ弁がついています。この逆流防止弁があることで血液が足の方へ戻ってしまうことを防ぎ、下から上へと一方向に流れます。


原因

しかし、何らかの原因で弁が壊れたり正常に働かなくなると、血液は逆流し静脈にどんどん溜まってしまいます。血液が溜まった状態が何年も続くと徐々に血管の壁が引きのばされ膨れた状態になってしまいます。

症状

症状

血管が目立ってくるだけではなく、むくみやだるさ、こむら返り、痒み、色素沈着等の症状を引き起こし、傷が治りにくくなることもあります。 

検査

検査

症状や生活習慣・仕事内容をお聞きして、足の症状が下肢静脈瘤によって起こっているのか、他の病気によるものではないかを見極めます。静脈の膨らみ具合、むくみ具合、皮膚の硬さ、押して痛みがあるか等を診察します。そして、外から見ただけではわからない血管の状態を確認するためにエコー検査を行い静脈の太さや形、逆流の有無、周囲に異常がないかを詳しく調べます。

治療法

治療法

軽症の場合は、悪化を防ぐ為に生活習慣の改善や弾性ストッキングを着用します。
中等度以上の場合や症状の強い場合は、血管を内側から焼いてふさぐ血管内焼灼術や血管内に接着剤を入れてふさぐ血管内塞栓術、外科的手術、薬を使って血管をふさぐ硬化療法を行います。

血管内焼灼術

血管の中にカテーテルを入れ、逆流している血管を内側から焼いてふさいでしまいます。局所麻酔で行えて、傷口も小さく体への負担も少ない、従来の方法より安全な治療法です。

血管内焼灼術

グルー治療(保険適用)Venasealクロージャーシステム

グルー治療(保険適用)Venasealクロージャーシステム

2019年12月から新しい治療法「グルー治療」が保険適応となりました。 「下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会」が定める施設基準および実施医基準に適合し、所定のトレーニングを受けた認定医であれば実施できます。治療費はレーザー治療とほぼ同じで、3割負担で約45000円の自己負担額になります。

グルー治療とは

医療用の瞬間接着剤を静脈内に注入しふさいでしまいます。接着剤を使うため、糊を意味するグルー(glue)治療と呼ばれています。グルー治療に使用されるシアノアクリレート系瞬間接着剤は1960年代から使用され、日本でも血管内治療や皮膚接着に広く使われています。ベナシールはアメリカの厚生労働省であるFDAにも認可されており、安全性も特に問題ありません。

グルー治療とは
グルー治療の特徴

静脈を焼いてふさぐ血管内焼灼術では、皮下出血や神経障害などの合併症が起こることがありました。しかし、グルー治療では血管を焼かないのでこれらの合併症はほとんどおこりません。また、静脈を焼かないので静脈のまわりの局所麻酔(TLA麻酔)も必要なく、麻酔の痛みが少なく、手術後の弾性ストッキングの着用や運動や生活の制限もありません。治療成績も従来の血管内焼灼術と比べて同等であると報告されています。ただ、欠点がないわけでもなく、まれに接着剤によるアレルギー反応が起こることがあります。

グルー治療の特徴

結紮術・ストリッピング術

逆流している血管を糸で縛ってしまう結紮術、逆流している血管を取り除いてしまうストリッピング術があります。

硬化療法

薬を血管内に注入し、血管をふさいでしまいます。

ロングパルスYAGレーザーによるレーザー治療(自費診療)

ロングパルスYAGレーザーによるレーザー治療(自費診療)

網目状静脈瘤やクモの巣状静脈瘤などに対して行います。

手術費用

保険診療(3割負担時の自己負担額)
  • 血管内塞栓術 約45,000円
  • 血管内焼灼術 約33,000円
  • ストリッピング術 約33,000円
  • 結紮術 約10,000円
  • 硬化療法 約6,000円
ロングパルスYAGレーザーのみ自費診療
ロングパルスヤグレーザーによる治療
  • ペンレステープ1枚(3×5cm)の範囲  10,000円

最後に

日常生活の行動を支えてくれる大切なあしです。あしの血管が目立っていなくても浮腫みやだるさが気になったり、症状が強い場合は、その症状が静脈瘤と関係があるのか?どうしたらよいのか?どのような治療が適切なのか?など専門医にご相談ください。

TOP