下肢静脈瘤外来 | 奈良市南京終町 もりもとクリニック | 下肢静脈瘤 リンパ浮腫 閉塞性動脈硬化症

もりもとクリニック

電話番号:0742-63-3200

奈良市南京終町710-1 スーパー ラ・ムー京終店敷地内

下肢静脈瘤外来

下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤は、あしの血管が浮き出てきたり、瘤(こぶ)のように膨らんでしまう病気です。

人の体には血液が流れる「血管」があり、この血管には動脈と静脈の2種類があります。動脈は、心臓から送り出された酸素や栄養を多く含んだ血液を体のすみずみにまで流す働きがあります。静脈は、心臓へ体内で発生した二酸化炭素や老廃物を多く含んだ血液を戻す働きがあります。

静脈弁について

人間は立って暮らしているので、足の静脈では重力に逆らって血液を下から上へと送るという特別な働きがあります。そこで、足から心臓へ血液をスムーズに戻すために血液の逆流を防ぐ弁がついています。この逆流防止弁があることで血液が足の方へ戻ってしまうことを防ぎ、下から上へと一方向に流れます。

しかし、何らかの原因で弁が壊れたり正常に働かなくなると、血液は逆流し静脈にどんどん溜まってしまいます。血液が溜まった状態が何年も続くと徐々に血管の壁が引きのばされ膨れた状態になってしまいます。

下肢静脈瘤は、血管が浮き出るだけで症状がない場合や足がむくむ、つる、だるい、重い、かゆい、痛いといった症状が出ることもあります。

診断は「あしをみればわかる」ので簡単そうですが、実は隠れた病気が原因となっていることや、むくみなどの症状はあっても静脈瘤がはっきりと見えないこともあります。

早い段階で受診することで治療方法の選択肢も多く、治療による精神的および経済的負担も少なくなりますので、心配な方は専門医を受診してください。

下肢静脈瘤の検査

問診票に記入された内容をもとに症状や生活習慣・仕事内容をお聞きして、足の症状が下肢静脈瘤によっておこっているのか、他の病気によるものではないかを見極めます。

静脈瘤の膨らみ具合、むくみ具合、皮膚の硬さ、押して痛みがあるかを診察します。そして、外から見ただけではわからない血管の状態を確認するためにエコー検査を行い静脈の太さや形、逆流の有無、周囲に異常がないかを詳しく調べます。

下肢静脈瘤の治療法

治療法には、「保存的治療」「硬化療法」「手術」があり、最近ではレーザーや高周波を使った治療も行われています。

「保存的治療」は、手術や薬以外の治療法で生活習慣を改善したり、弾性ストッキングを着用します。保存的治療は、症状をやわらげ進行を予防する効果があり、基本的な治療法として続けることが大切です。

気になって悩んでいる方や症状の強い場合は積極的に治療します。

薬剤を使って静脈を閉じる「硬化療法」は、側枝静脈瘤や網目状静脈瘤に行います。また、当院では、これまで効果的な治療法はなかった網目状静脈瘤やクモの巣状静脈瘤に対し、「ロングパルスYAGレーザーを用いた治療」も行います。

伏在静脈瘤では、静脈の血管をしばって血が流れないようにする「結紮術」や瘤になった静脈を引き抜いてしまう「ストリッピング術」という手術をします。

近年では、血管内にカテーテルを入れ、静脈を焼くことでふさいでしまう「血管内治療」が行われるようになってきました。局所麻酔で細い管を静脈に差し込むだけなので、体への負担も少なく痛みや出血のリスクも低い治療法ですが、専門医が勤務し認定された実施医・指導医がいる施設に限定されています。

下肢静脈瘤は重篤な病気ではありませんが、日常生活の行動を支えてくれる大切なあしの病気です。あしが気になったり症状が強いときは、症状が静脈瘤と関係があるのか?関係があれば、どうしたらよいのか?どのような治療が適切なのか?など専門医にご相談ください。

保険診療
手術費用(3割負担時の自己負担額)
  • 血管内焼灼術 約45,000円
  • ストリッピング術 約35,000円
  • 結紮術 約10,000円
  • 硬化療法 約6,000円
自費診療
ロングパルスヤグレーザーによる治療
  • ペンレステープ1枚(3×5cm)の範囲 ¥10,000

※ その他、必要に応じて血液検査・超音波検査などの費用がかかります。

TOP